二の腕に現れたブツブツが気になるなら化粧品を試してみよう

レディ

毛母細胞に影響する

まつげ

自分の毛を伸ばせる

体の中には体毛がたくさんあります。髪の毛の他、眉毛や手足の産毛なども体毛になります。毛が生えるからには何らかの目的がありますが、一般的にはどんどん伸びます。髪の毛などはかなり伸びる場合があります。ただ、場所によってはあまり伸びない毛もあります。まつげは、まぶたの部分いつている毛で、目にゴミなどが入るのを防いだりする重要な毛です。ただ、女性にとっては、ファッションの一部に使うこともあり、つけたりすることがあるようです。そのままにしていても伸びることはありません。そこで使うのが育毛剤です。頭髪などで使うタイプではなく、まつげ専用の育毛剤があります。ある商品は、元々は緑内障の治療のために使われる薬でしたが、その副作用として伸びることがわかり、使われるようになりました。その他のまつげの育毛剤としては、毛母細胞を刺激して、成長しやすくするタイプがあります。何もしないよりも、毛が成長してくれるので、長い状態をキープすることができます。まつげの育毛剤には、海外で使われている医薬品と、日本でも認可されている医薬部外品などがあります。海外の医薬品は、輸入などができますが、副作用に気を付けないといけません。一方、日本でも認められている医薬部外品は、副作用も少なくなっています。医薬部外品の場合、自然な成分などが使われているので、安心して使うことができます。保湿成分もあり、まぶたに着いたとしてもまぶたの保湿をしてくれます。有名化粧品メーカーが出しているものも、自然の成分を使っています。